COM-IN 広島
ホーム > データ復旧サービス > データ復旧までの流れ

データ復旧までの流れ

フロー

復旧機器とあわせて、
次の書類を添付ください。

弊社でのデータ復旧については、復旧依頼時に、「データ復旧サービスお申し込み書」と「守秘義務契約書」を添付いただく必要があります。
これらの書類は、必要書類のダウンロード ページから取得・印刷の上、記入ください。印刷する環境がない場合、弊社までお申し付けいただければ郵送いたします。

初期診断とは?

「初期診断(無料)」では、故障した機器が、物理的な障害(破損など機械的故障)なのか、論理的な障害(データ上の障害)なのかを判断します。 その上で、比較的軽度の障害であるかを判断して、ほとんどの場合で原因が判明します。

精密検査とは?

初期診断では判断できない複雑で重度な障害の場合、専用施設にて様々な方法を用いて、時間の掛かる高度な検査をして原因を特定する必要があるため、「精密検査」をする必要があります。
そのため、精密検査には一週間程度の日数が必要で、精密検査後の復旧キャンセルでは、別途キャンセル料が必要になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ご注意

※データ復旧をするパソコンあるいはハードディスク等の機器を弊社まで発送いただき、検査後に復旧費用のお見積もりをご連絡いたします。その際、お客様に実施の判断を行なっていただき、復旧される場合のみ費用が発生いたします。
ただし、詳細検査を実施される場合と、詳細検査実施後の復旧キャンセルをされると、別途費用がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。

※すぐに復旧できないと判断される場合、より精密で高度な検査が必要となりますので、その検査のために 1 週間程度お時間をいただく場合があります。

※機器の発送・返送にかかる送料は、お客さまご負担となります。あらかじめご了承ください。

※障害の程度によっては、復旧が不可能と判断する場合がありますが、その際の返送費用はお客さまご負担となりますのであらかじめご了承ください。

※料金・手数料等費用は、すべて 税別表記 となっています。別途、消費税等諸税が掛かります。